« 学校再開に向けて(被災地から離れた地域で) | トップページ | 安全と安心の確保が先です。 »

2011年3月17日 (木)

疎開の勧め

内田樹さんがブログで「疎開」を勧めています。
http://blog.tatsuru.com/2011/03/16_1119.php


政府や自治体の方からいずれ公式にアナウンスがあると思うけれども、東北関東の大震災の被災地への救援活動を効率的に実施するためにも、被災地や支援拠点となる東北関東の都市部から、移動できる人は可能な限り西日本へ移動することを勧めたいと思う。
いま被災地と、その周辺には限られた資源しかない。特に燃料の不足が顕著である。東日本一円では自動車による移動がしだいにむずかしくなりつつある。東海地方にまで地震が広がって、新幹線をふくむ交通インフラの運転も安定していない。
できれば、移動手段に十分な余力があるうちに、移動できる人は西に移動することが望ましいと思う。
福島の原発については、危機的状況をすみやかに脱することを私も願っているが、主観的願望と客観的状勢判断は混同すべきではない。万が一、放射性物質の広域への飛散が始まったときに起こるパニックを想定すれば、「パニックがまだ起こらないうちに」できる限りのことをした方がいい。
その備えが結果的に無駄だったとしても、それは非とされるべきではない。むしろ喜ぶべきことである。

私もそう思います。
疎開できたら、疎開してください。

|

« 学校再開に向けて(被災地から離れた地域で) | トップページ | 安全と安心の確保が先です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98774/51146291

この記事へのトラックバック一覧です: 疎開の勧め:

« 学校再開に向けて(被災地から離れた地域で) | トップページ | 安全と安心の確保が先です。 »