« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年8月

2008年8月21日 (木)

プレヴァーバルな内容(崖の上のポニョ その2)

リサと宗介が船の上の耕一と、モールス発光信号でやりとりをするシーンがあります。何となく心にじーんと来る場面でした。離れていくのは寂しいけれど、しっかりつながっているような感じが、モールス発光信号のやりとりには感じられました。

この場面を見ながら、携帯でメールをやりとりをすることと、モールス発光信号でやりとりをするのは、どこか違うのだろうか? と考えていました。携帯メールでも、モールス発光信号でもやりとりされるのは、文字でしかありません。その点では、同じなのです。それでも、モールス発光信号でやりとりをする方が、携帯メールのやりとりより、人間くささが感じられます。

じつは、モールス発光信号のやりとりは、プレヴァーバルなコミュニケーションをたっぷり伝えてくれているの
だと思います。例えば、「B」という文字は「ツートトト(-・・・)」だそうです(http://www.nexyzbb.ne.jp/~j_sunami76/morse_koue.html)。「B」は「B」でしかないのですが、その発光信号が点滅するリズムや速さは、信号を発している人の今の気分や雰囲気を反映しているはずです。言葉になりにくい(言葉以前の)感覚や思いは、「B」という文字そのものではなく、その発光リズムや速さを通して、受け手に伝わっていくのでしょう。もし、船がどんどん遠くに離れていくまでずっとモールス発光信号でやりとりを続けていくと、次第に、信号が見えにくくなって、離れていく距離を感じたりするでしょう。携帯メールは、繋がるか繋がらないかのどちらかしかありません。人の心は、簡単に割り切れるものではなく、複雑にごちゃごちゃと、動きつづけるものでしょう。だから、携帯メールよりも、モールス発光信号のやりとりの方が人の心の動きにしっくりくるのかもしれません。

話は飛びますが、絵もCGを全く使わないで全て手で描くアニメーションだそうです。映像を見ていて非常にリアリティを感じました。人間が描く絵なので、人間が感じるリアルさがそこに出てくるのかもしれません。ちょうど、録音された音を聞くと、雑音がうるさく感じるけれども、実際にその場にいると雑音がうるさいわけではない、というようなことと関係があるかもしれません。脳は、情報を取捨選択して、何かに注目して、現実を捉えています。CGのような技術を使って、事実を再現することは、脳が感じるリアルとはずれているかもしれません。ポニョが食べ物を食べながら寝そうになる時の表情は、かなりデフォルメされていて、単なる絵としてはリアルさがないかもしれませんが、「あー、そうそう、こんな感じ、こんな感じ!」と非常に心を動かされるシーンでした。

また、映画館には、子供連れが多く、小さな子たちもたくさん、見に来ていました。今までの経験では、子供向けの映画であっても、小さな子たちはいろいろうるさくおしゃべりしたり、動き回ったり、いろいろと落ち着かないものでした。でも、ポニョの場合映画が始まると、本当に静かになって、小さな子たちも集中して見ているような感じでした。

こんなことを考えていくと、ポニョの映画は、プレヴァーバルな内容が非常に豊かな映画なのではないかなと思います。言葉や概念では捉えにくい内容が豊かで、そこが心に響いてくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

崖の上のポニョ

「崖の上のポニョ」を見てきました。絶賛するより他にないです。
掛け値なしに3歳から103歳まで楽しめる作品だと思います。勝手な想像ですが、他の文化圏でも、同じように人々を引きつけるのではないでしょうか?それだけ、普遍的なものが描かれているように思います。
個人的には、宮崎作品の中で一番すばらしい作品だと思いました。

ネタばれあり

ポニョが宗介に会いに行こうとすることは、甚大な災害を引き起こしてしまっています。何しろ、人工衛星が落下し、月が異常に地球に接近し、巨大な津波で、町ごと海に飲み込まれてしまっています。大げさではなく、地球規模の災害です。そんな中、宗介とポニョは、ポニョが魔法で大きくしたポンポン船に乗って、リサを探しに行きます。その途中で、船に乗って、避難しようとしている人たちに出会います。その人たちが、非常に印象的でした。
避難しようとしている人たちの船には大漁旗が掲げられていて、海のお祭りのようです。大きな災害に遭遇しているのに、悲惨さや悲壮感はなく、しっかりと足がついて立っている感じでした。

このシーンを見て、「風の谷のナウシカ」(原作)の一場面を思い出しました(7巻の最後の方、物語の終わり近く)。ナウシカがシュワの墓所で、墓所の主に向き合っているシーンです。墓所の主は墓所の主の人類を再生する計画を破壊しようとするナウシカに向かい「そなたは闇だ。いのちは光だ。」と非難します。ナウシカは、それに応え「いのちは闇の中にまたたく光だ」と叫ぶのです。

大きな災害が生じたり、世界は闇に包まれるかもしれない、しかし、いのちは小さくまたたいていて、消えそうであっても、光なのかもしれません。

「崖の上のポニョ」の登場人物達は、小さな存在であっても、またたくような光であっても、しっかりと光を放っているように感じました。ナウシカは叫んだけれども、叫ぶことさえ必要ないかもしれません。自分にできることを、自分にできる範囲で、淡々ときちんと行っていくこと、それが素晴らしいことなんでしょうね。

地球温暖化が深刻化してきて、私は、個人的には、自分の子どもたちが、本当に悲惨な目に遭うのではないかと、強く危惧しています(地球が人の住める環境ではなくなってしまうのではないかと心配です)。子どもたちを授かって、私は本当に幸せなのですが、悲惨な世界に子どもたちのいのちをを生み出してしまって良かったのかどうかと、疑問・不安・申し訳なさをつよく感じています。

宮崎監督の作品は、悲惨な世界でも、人間が生きていくプロセスは、美しく素晴らしいものだと、教えてくれるような気がします。ナウシカのように叫ぶ必要はなく、できることをできる範囲で淡々とこなしていくことが、生きていくすばらしさかもしれないと、私を支えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »