« 言葉を感じる | トップページ | 心理臨床の専門性 »

2006年3月 3日 (金)

わがまま


10月さんのブログで、こんなことが書いてありました。

 ぼくが、このクラスで、実現したかったことは、みんながワガママを言えるようなクラスになってもらうことでした

 こういう目標を持つこと自体がすごいと思います。しかも、これを、生徒の前で言うところがすごいですね。絶賛したい気分です。

ところで、
小中学校だと、教室の前に、学級目標とか、学校の目標みたいなものが貼ってありますよね。
例えば

つよい子
  じょぶな心と体で、がんばりぬこう

やさしい子
  思いやりの心をもち、助け合おう

かんがえる子
  進んで考え、学びつづけよう

とかいう感じです。
そこに、

わがままな子
  自分の気持ちや考えを遠慮せずぶつけよう

とか、書いてあると面白いだろうなぁと、考えるだけで、うきうきしてきます。

子どもがちゃんとわがままを言えるようになってきたら、先生も子どもにわがままを言えるようになると良いですね。わがままが言い合える関係って、ステキです。

そういえば、私も、クライエントに遠慮なくわがままを言ってもらえるカウンセラーになりたいものです。

« 言葉を感じる | トップページ | 心理臨床の専門性 »

コメント

こんばんは(^^)TBありがとうございます。

小中学校の学級の目標で

・つよい子
・やさしい子
・かんがえる子

と並んで、

・わがままな子

と書いてあったら・・・というのは、読んで笑ってしまいました(^o^)

はじめまして。ららと申します。

そうそう、そんな学級目標があったらいいですね~。

今日、同時に子ども2人がそれぞれの学校から頂いた言葉をかいてみますね。よく似ているので、ひとつだけ。
「この時期こそ(進路が決まって、あとは卒業・入学ということですね。)、夢の中にいるような毎日を過ごしてはいけません。この時期こそ、将来に向けて、本当の意味の学習に励んでください。云々、、、」と、いうものです。
間違ってはいないのですが、なんだか次々とおいたてられているように思う親は私ぐらいかしらん。

片っ方の子どもだけでも、「今まで走り続けてきましたから、少しぼんやりしましょう。」などという話がでればよかったのになあ。

いろいろな結果がでているのだと思うけど、どの子たちも目標に向けて進んでいたのです。

おはようございます。

先ほど、眠りながら、ふと思ったんですが(笑)、ぼくが言った

「みんながワガママを言えるクラスになってもらう」

というのと、

「(1人1人が)ワガママを言える子になる」

という目標は、微妙にちがうことかなぁ・・・という気がしました。

ぼく個人の「願い」としては、「クラス」という集団の中で、一方の人たちだけがワガママになり、他方の人たちが我慢するような集団ではなく、みんなが同じくらいに我慢もし、ワガママも言える・・・できれば、安心してワガママを言えて、それを他の人が受けいれることができる、そんな空気に満たされた「場」になって欲しい・・・という願いでした。

もしかすると、その目標の前後に「1人1人がワガママを言える子になる」という目標を設定できるのかも知れない・・・とも思いますが、ちょっとまだ、うまくイメージできない感じです(^^;

はじめまして。結花と申します。私、どうしていいのかわからなくて困っているのです。自分を見失ってしまって。
「わがままな子」いいですね。
「わがままな子」になれたらなあ、と思います。

文科省とのやりとりで来年度の状況が正確に把握できず,不確定要素が
あり,一応のガイドライン.
県の中学校SCについては,国の補助が2分の1のところからさらに
25%カットされるとの通達があり,週1日,8時間を1回6時間で
年間210時間 時給はSC5000円,準SC3500円は確保,消耗品
費は全てカット
県単独の分については予算上準SCの対応が中心
市は県よりもさらに厳しい査定,時給を下げる位では対応不可
19年度以降については18年度中に対応の協議がある.
予算は,義務教育費国庫負担金に算入される可能性あり.
結果,地方の権限が増大し,文科省は,臨床心理士を積極的に雇用する
よう通達を出す予定,が「努力目標」としての効力しか無し.
19年度はSCも準SCも差がない時給で働く可能性.

こんにちは。
「わがままな子」と書いてあるクラスに入りたいkaisaです。

おくればせながらブログにブックマークをはらせていただきました。
よろしくお願いします。

はじめまして。言葉もこういうモットーも大切ですよね。父は絵を描く人でしたが、アトリエの壁に「自由に描け」「未完成でもいい」とかいろんなモットーを貼っていました。今わがままに自由に生きてる事が気持ち良いのだと思います。ただおっしゃるように世間がそういった我が侭を「間違い」として許されない場合もありますよね。「間違い」と「わがまま」の境はなんなのでしょう。他人に迷惑をかけない「わがまま」は自由、他人に迷惑をかけると「間違い」なのでしょうか?なんだか長くなってしまいました。興味のあるブログです。又お邪魔しますね。

kaisaさんコメントありがとうございます。
標語とか、書いてあるのを見ると、こっそり書き換えてみたいなぁと良く思います。
全国の学校の、学級目標を、こっそり書き換えてきましょうか…。

kiさん、コメントありがとうございます。
わがままは、間違いではないと私は思っています。きちんとわがままをぶつけ合えないときに、結果的に、間違いに陥ってしまうのではないかと思います。わがままをぶつけ合うことを許容する関係が理想です。それって、しなやかでいて、タフな関係ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わがまま:

« 言葉を感じる | トップページ | 心理臨床の専門性 »