« 葉書コラージュ | トップページ | 邪魔をしないこと »

2005年7月20日 (水)

クライエントの立場として考えるとカウンセリングは恐ろしいものかもしれない

 最近特に思うようになってきたことですが、クライエントとしてカウンセリングを受けて、自分のことを語るっていうことは、すごく苦しいことだなぁと思うんです。

 自分でも、うすうす気づいていて、それでも気づきたくない自分について、自分で言葉として表現していく…。もちろん、自分自身が、表現したい気持ちを持っているし、でも気づかない(フリをした)ままでいたい…。

 本当に、自分に向き合う作業というのは、苦しいものだなぁと思います。

 もっとも、私は、カウンセリングを受けてそう言っているのではなくて、仕事とか生活とかで、色々あったときに、自分自身を振り返ってみて、自分で自分を振り返ることは苦しいことだなぁと思っているわけです。

 それでさえ苦しいのに、カウンセリングを受けてカウンセラーという他者と一緒に、自分自身を振り返っていくという作業を考えると、空恐ろしいような、気持ちになります。

 自分で自分を振り返るときは、自分でそのペースや進み方をある程度コントロールしていくことができるわけです。むしろ、なかなか進んでいかないと考えた方がよいかもしれません。苦しいからサボってしまい、停滞するわけです。
 でも、カウンセラーがいるときには、そのペースや進み方にはカウンセラーがかなりの影響力を与えるはずです。クライエント(私)がもうちょっとやめておきたいとか、いっぱいいっぱいだと思っても、カウンセラーが、核心に近づくように焦点をあててくる可能性があります。そうすると、私(クライエント)は自分の準備を越えて自分自身に直面させられて、かなり心を揺さぶられ、苦しい思いをさせられるような気がします。もし、自分がクライエントならと考えてみると、カウンセリングを受けることは本当に恐ろしい気がします。

 ネットを見ると、鈍いカウンセラー(自分の世界からだけ見ていて、関係ないことを押しつけてくる)に対する非難・不満をよく見かけるような気がします。でも、私が本当に恐ろしいと思うのは、正しく的確にクライエントの抱えるテーマの核心のほうへ進んでいくカウンセラーです。カウンセラーの言葉が不正確で、ずれている場合には、クライエントとしては、イライラしたり腹が立ったりするかもしれません。不正確ででたらめな言葉ですから、それは流れ弾に当たったようなものかもしれません。そして、確率の問題ですが致命傷にはならない可能性のほうが高いでしょう。しかし、正しく的確にクライエント(私)のテーマの核心に焦点をあててくるカウンセラーの言葉は、おそらく避けることができません。そして、ほぼ確実に深い傷を負います。本当に恐ろしいのはこちらのほうかもしれません。

 しかし、私がクライエントとして求めるカウンセラーは、不正確ででたらめな言葉が返ってくるカウンセラーではありません。
 私がクライエントなら、求めるカウンセラーは、正しく的確に私(クライエント)のテーマを感じ・理解し、そして、進みすぎず、きちんと私(クライエント)の準備ができるまでじっくりと待ってくれるカウンセラーです。

|

« 葉書コラージュ | トップページ | 邪魔をしないこと »

コメント

カウンセリングを受けていて、後になってから「あんな事を言わなければ良かった。自分の闇を引っ張り出しただけじゃないか。」とぐったりする時があります。
核心に近づくと、非常に苦しいものです。
幸いにして、2週間のインターバルがあるので、それで持ち直しています。

実際、苦痛を乗り越えて、カウンセラーさんに対して感謝を抱くのには、多少の時間が必要なのかも知れません。

投稿: takezoo | 2005年7月21日 (木) 00時05分

中学2年生、男の子の母です。
お財布からお金を取ったり、クラブを無断で休んだり、定期券をどうやら売ってしまったみたいで、、最近の息子の変わりように、ついて行けないです。。。。
いらいらして、つい酷い言葉を投げつけてしまいます。
うそや言い逃れが日に日にエスカレートし、夏休みが終わるころには息子も私もどうなっているのか心配です。
カウンセリングを受けてみようかな・・と考えていますが、、、、、。

投稿: ka | 2005年7月27日 (水) 14時19分

核心につくカウンセラーに会ってみたいです。
実際、カウンセリングを受けたことはありませんが、自分を見て欲しいな、という形だけで行っていいのか気になります。確信をついていくような人に、なりたいと少し思っています。

投稿: ぷりん | 2005年7月30日 (土) 01時01分

takezooさん
コメントありがとうございます。
やはり、クライエントが感じるであろう否定的な感覚に対して、カウンセラー(私)はもっと心を配る必要があるなと思います。

投稿: ichiro_h | 2005年8月 2日 (火) 14時16分

kaさん
コメントありがとうございます。
kaさんの感じておられる問題意識に、カウンセリングという方法はある程度は役に立つのではないかと思います。

小さな工夫や小さな一歩を重ねていくことが大切ではないかと思います。

投稿: ichiro_h | 2005年8月 2日 (火) 14時20分

ぷりんさん
コメントありがとうございます。
カウンセラーと話すことは、予想以上にクライエント側に負担をかけるようです。特に、クライエント側に意欲や動機付けが高い場合には、カウンセラーが核心のほうへ進んで行かなくても、対話がずれていても、自然にクライエントにとって、重要なテーマに進んでいくことが多いようです。
核心のほうへ進んでいくことよりも、そのクライエントが揺さぶられすぎないようにすることが、まず、大切かと思います。

投稿: ichiro_h | 2005年8月 2日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98774/5067266

この記事へのトラックバック一覧です: クライエントの立場として考えるとカウンセリングは恐ろしいものかもしれない:

« 葉書コラージュ | トップページ | 邪魔をしないこと »