« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月29日 (水)

今もっているものを使って

 最近こういうテレビ番組をやっているかどうかよく分からないのですが…。プロの料理人が家庭を訪問して、その家庭の冷蔵庫にある食材を使って、料理を作るという料理コーナーをよく見ていました。よく見ていたと言っても、大学生時代に(15年ぐらい前)大学にもあまり行かずに、昼間にテレビをなんとなくつけていて、たまたまやっていたのを見ていたのです。

 「冷蔵庫にある食材で」というところに気持ちをひかれてそういうコーナーを見ていたような気がします。でも料理人がメインになる食材をあらかじめ用意してきたり、包丁は自分のを使ったりして、家庭の主婦が普通使わないような技術を使ってたりして、料理をすることが多かったような記憶があります。これが私には、かなりガッカリでした。

 もちろん、その料理人がつくった、時のその料理そのものはおいしいのかもしれません。でも、その体験(企画)は、その家庭の主婦にとって、その後の生活の中で生かされるのかなぁと、疑問に思いました。

 他にも、主婦向け(?)の番組で、ご主人にスタイリストさん達が服を選んであげたりして、ご主人を見違えるように(!)するというコーナーがありました(今でもあるんでしょうか?)。こういうのを見ていると、その番組で色々と選んでもらった服装は、その人の生活の中できちんと生かされるのだろうかと疑問を感じます。番組で選んでもらったその一式を、そっくりそのまま使うしかないのではないかと、心配になります。

 結局、私は、その人が「今もっているものを使う」ということが大切なのだと思います。本当に、冷蔵庫にあるものだけ、その家庭の主婦の持っている技術と道具だけ、を使って今までとは(少し)違う、しかもおいしい料理を作ってみせることが大切なのではないかと思います。ご主人の持っている服だけを使って、ご主人を見違えるようなかっこいい男性にすることが大切なのではないかと思うのです。そこが、プロの腕の見せ所でしょう。

 心理的な援助活動も、その人が持っているもの、その人の頭の中にあるもの、その人が考えていること、だけを使って、今までとは違う快適な生活・時間を生み出すことが大切なのではないかと、思います。でも、まあ、これって理想で、簡単にできることでもないように思います。そこに少しでも近づいていきたいと思っています。

 ところで、私はスクールカウンセラーですので、学校で仕事をしています。教育というのは、子ども達に、新たな知識技能を身につけることを重視しています。九九を覚えるとか、漢字が書けるようになるとか…です。つまり、学校で行われていることの大半は、子どもの外側に価値あるものがあり、それを子どもがどのように吸収するのかということです。私が上に書いたことは、子どもの内側に価値あるものがあり、それを子どもがどのように活用するかということです。この2つは一見相反するものですが…。(以下続きません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

沈黙はことばに

ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに
-「エアの創造」-

ゲド戦記の1巻(岩波書店)の扉に書いてある言葉です。

その言葉を反対にして
「沈黙はことばに、闇は光に、死は生の中にこそあるものなれ」と考えてみてもおもしろいような気がします。

言葉にできず沈黙しているならば、その沈黙はすでに何かを語っているのでしょう。
何かが語られているからこそ、その言葉の届かない何かは沈黙されているのです。

闇が闇として認識されるのならば、それはもう既に闇ではないでしょう。
光の中にこそ真の闇があるのかもしれません。

死が生の終わりであるならば、それは生きている人全てに決して訪れることはないはずです。
生きている時間の中にこそ本当の死があるのかもしれません。

「技術は人格の中にこそある」とか「人格は技術の中にこそある」とか書いたら、論争がまた勃発してしまうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

研修

コンフェデレーションズカップでサッカー日本代表は、ある程度成果を挙げたようです。親善試合などでは得られない真剣勝負の中で得られることは大きいようです。

ところで、最近思うことですが、「研修」を受けることで、技術や力量があがるわけではないんですね。研修を受けることは、その準備にすぎないんだなと思います。

研修をうけることは親善試合に相当するんじゃないかと思います。実践のなかで発揮されてこそ、その技術や力量が生きたものとして自分の身に付いたと言えるわけですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Musical Baton

カオナシさんのところから、Musical Batonというものがまわってきました。

なお、このバトンは24時間以内に誰かに渡さないと爆発します。

とのことですが、もうとっくに丸4日も過ぎてしまっていました。気がつかないうちに爆発していたようです。

●Total volume of music files on my computer

 全然入っていません。こういう質問がごく当然なんですね。ちょっとした世界のギャップを感じました。


●Song playing right now

 子どもが風邪で熱があるのに、遊びたがっています。それで、少しは安静にしてもらおうと、ウルトラマンティガ(古い!)のビデオを見せています。ティガの主題歌が「ティガ! 勇気が…」と流れてきていました。


●The last CD I bought

 ドリカムの「DIAMOND15」です。
 

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me

 最近あまり音楽を聴きません。頭にこびりついているものををいくつか。順位はつけられません。

 ドラクエⅢのゲーム音楽
  もう10年以上前にかなりはまりました。当時のファミコンは長時間やると、コントローラーで手の平や親指の平の皮がむけてきたものです。それでも、血がにじんでもコントローラーを放さずやり込みました。フィールドの音楽、町の音楽、ダンジョンの音楽、戦闘シーンの音楽…。また、チャンスがあったらやり込んでみたいものです。

 ドリカムの「いつのまに」

 「世界中の子どもたちが」
  上の子どもの保育園の卒園式で卒園生の合唱を聴いて感動しました。いまは、空も海も泣いているのかもしれませんね。空も海も歌い笑えるようにしたいものです。

  ところで、ネットで検索するとなぜか歌詞がいろんなところに掲載されています。著作権の問題はないのでしょうか?


●Five people to whom I'm passing the baton

 もう爆発してしまったし、回す相手もいないので、まわさないでおきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエラの記事から

「AERA(6月6日号)」に「学校カウンセラー 孤立と失望の理由」という記事が載っていました。スクールカウンセラーが学校の教職員や組織にうまく受け入れられずに、孤立している現状が紹介されていました。例えば、生徒の交換日記について職員会議で否定され、“糾弾”されたというSCの事例が紹介されていました。その理由は、“文書で決裁をあげていないということ”、“勉強の妨げになる”ということだったそうです。あげられた理由は、表面的にはっきり分かったことだけで、背景には色々と想像できます。表面的に現れたことよりも、そこへ至る経過の中にこそ重要なことがあると思います。でも、憶測では色々書くことはできません。はっきり分かることから考えていきたいと思います。

 文書で決裁をあげていないことが、一つの理由で、これは、明らかにSCの失敗です。しかし、実際はどの程度の活動を、どのように職員間で了解してもらうのかは、学校によってかなり異なっています。SCの配置のごく初期には、SCはお客さん扱いされて、職員として当然のことを職場でこなして来ていなかったということが良くありました。当然、文書で決裁をあげるべきことであっても、管理職が配慮してうまくいくように根回しをしてくれたり、きちんとやっていなくても大目に見てくれたりということがありました。これは、その学校で勤務している間は非常にありがたい(?)のですが、これが普通だと思って次の勤務校に行ってしまうと、そこで自分がどのように職員の一人として動いていくかがまったく分からず、色々と、他の職員に迷惑をかけたり、SC自身では気がつかないうちに他の職員から嫌がられたり、ということに陥りがちです。

 そのこと以上に、私は職員会議でのエピソードが非常にもったいないと思うのです。職員会議で何らかの不備を指摘されたりすることは、(おおげさですが)SCの晴れ舞台(!)だと思うのです。他の職員との意見の相違や葛藤は、SCという立場の性質上、ごく当たり前・普通のことです。そのなかをどうやって生き延びていくかがSCの腕の見せ所でしょう。葛藤・食い違いがあっても、潜在化している場合には、なかなかその葛藤や食い違いには関わっていくことが難しいものです。現状の課題を会議で指摘したり、SC担当の先生に相談したりしてみても、それが潜在化している場合には、「そんなことないですよ」と言われたり、個人的に同情されたりするだけで、なかなか葛藤や食い違いを埋めていくことにはつながりにくいものです。だから、職員会議で指摘されるなんて、めったにない良いチャンスです。

 アエラの記事では、SCは「食い下がった」とありますが、決して食い下がってはいけないと私は思います。その場にいなかったものが、後からこうすれば良かったのになどと言うのは、いくらでも言えることで、普通は奨励されません。でも、その記事のSCを否定するわけではなくて、SCの仕事をどうこなしていくかを考えてみるために、私の考えを書いてみたいと思います。

 この場合、相手の先生を論破したり、相手の先生にこちらの考えをわかってもらったりすることが重要なことではないと思います。なぜなら、議論になって、自分の意見が通らなかったときに、新たに発見できたとか、盲点に気づけたとか思う人はほとんどいなくて、気持ちにしこりが残ることがほとんどだからです。また、職員会議という場で起きているわけですので、その議論には参加していなくても、議論を聞いている先生が何人もいるわけです。そういう人をどのようにこちらの側に近寄らせるかが大切でしょう。

 また、私は、議論をするときには、その場で相手が言ったことを使って私の考え・結論を証明しようすることが大切だと思います。こちらが相手側の事柄に言及すると、相手はいくらでも言い逃れができるからです(「それは本当はこうなっている」とか言われるわけです)。その場で言ったことであれば、言い逃れが難しくなります。(それでも無理矢理言い逃れをする人もいますが、説得力がなくなります。)さらに言えば、この場合は、私は自分自身の考えを証明したり、分からせたりする必要はないと思います。結論は相手の結論を意見を呑んでおいて、論点だけを示すだけで充分だと思います。聞いている他の先生方は、論点さえ明確にすれば、もし私の考えが少しでも価値のあるものならば、私の考えと近いところまで来てくれる可能性が高いと思います。

 この例で行くと、“勉強の妨げになる”ということについて、SCは違う事実から違う意見を持っていたとします。例えば、生徒が「交換日記は勉強の励みになる」と言っていたとします。しかし、それを会議に持ち出すと、相手の先生は、「生徒はそう言っているかもしれないが、実際は成績が下がっている」とか、「実際は、授業中の態度が悪くなっている」などということを言ってくるかもしれません。そうすると、SCが「そんなことないでしょう」と言っても、これは水掛け論にしかなりません。私がどう思っているかよりも、相手がどう思っているかのほうが役に立つはずです。

 実際にどうするかというと、「大変申し訳ないですが、先生が勉強の妨げになるとおっしゃっているのは、例えば、どんなことからそのように判断されたのか教えていただけませんか?」と聞くわけです。もしかしたら、明確な理由は語られないかもしれません。「勉強の邪魔になるに決まっているじゃないですか」などという答えが返ってくる場合がそうです。そうしたら、「いまのところ、勉強の邪魔になっているということが具体的に起きてしまっているわけではなくて、先生はそういう可能性を心配して教えていただいているわけですね。」と返します。また、「授業中の態度が悪くなっている」と答えてくれたら、その事を繰り返してから、他にありますかと聞きます(情報を多くつかむ方が議論をしやすくなるからです)。出ない場合は、「理由としては○○ということが1つあるわけですね」と「1つ」とわざわざ言って、確認しておきます。その上で、「○○ということは、私自身は教室へ行ったりしないので、気がつかないでいて、大変申し訳ありませんでした。お願いばかりですみませんが、気になることとか、気がついたこととかがあったら、これからも、ぜひまた、教えてください。」と言います。“教室のことは、こっちまで言ってくれなければ分からないだろう”などと思うわけですが、そうは言いません。「私は週に8時間しか勤務していないので、生徒の様子は先生方のほうがよくご存じだとおもいます。私が気づかないことがたくさんあると思いますので、お手数を取らせて申し訳ありませんが、今度からもこんなふうに教えてください。」と言います。論点は示しておきたいのですが、相手の意見は呑んでおきます。

 こんなふうに相手の意見を受け入れるようにやっても、「週に8時間しかいないなんて、こっちの手間ばかりかかって、本当に役に立たないねぇ」などという攻撃的な発言が出てくるようであれば、それは、かえってこちら側の利益になるでしょう。聞いている先生の中に“そこまで言わなくても”と思う人が出てくるはずです。「制度上そうなっているので、お邪魔かもしれませんが、よろしくお願いします。」などと答えたいと思います。

 また、“いつぐらいから勉強の妨げになると考えていたか”を聞いてみたい気もします。「今日教えていただいてやっと気づいたのですが、先生は、私よりももっと早くから…ですか。すみませんが、いつぐらいからかとか、どんなところからとか、よかったら教えていただけませんか?」と聞くわけです。教えてくれたら、今までと同様に、繰り返して確認しておきます。「△月ぐらいに、××というところで気づかれたわけですね。ありがとうございます。」等と言うわけです。「そんなに早く気づいているんだったら、速く言えよ!」などと思っても良いのですが、決して言いません。言わないことで、その場にいた何人かの人はその事を自分で思いつくはずです。

 “学校はカウンセリングへの理解がない”とか、“教師はカウンセリングを分かってない”とかよく言いますが、そんなことは当たり前です。“アメリカ人は日本文化が分かってない”ということとまったく同じことです(どちらも例外はありますが…)。教師とカウンセラーは異なる歴史・文化を背景にしています。何もしないで自動的に分かり合えるなんていうことはありえません。職員会議での糾弾は少しでも分かり合える絶好のチャンスなのです。
 また、言い負かしたりすることが重要なのではなく、相手に新しい認識の芽が生まれることの方が現実的だと私は思います(特に、相手と協力して活動しなくてならない場合には)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

乳児を見て元気が出る

ロテ職人さんがコメントで書かれたのですが、

と大工さんの例を挙げられていますが、“人となり”に疑問を抱かれてしまうような心理臨床家は結局技術が足りないのではないでしょうか? クライエントさんや患者さんがそれを“人となり”だと捉えるのは問題ないのですが、専門家がそう思われるのはいかがなもんかと…。

人間性や人格が優れていないとしても、臨床場面においてはそのことを自覚していることが大事なのではないでしょうか?そしてそれが逆転移を有効に利用することに繋がると考えられます。


わたしは、このことにはまったく異存がありません。
私は、臨床の場でよくイライラしますし、うんざりしますし、怒りを覚えることもあります。それらを、きちんと自分でつかんで、クライエントの利益のためにどのように活用するかということが大切だと考えています。

また、臨床家が臨床現場で発揮する技術を越えて、あるいは技術の隙間から、その臨床家の“人となり”は伝わってしまうと思います。結局、技術が未熟で足りないわけです。でも完璧な技術はあり得ないので、“人となり”が漏れて伝わらないように全てを技術でカバーできるわけでもないと思います。

なお、人間性という言葉がよく使われていますが、私は人間性という言葉が何を意味するのかよくわかっていません。ごく一般に人間性が優れているなどと言われていますが、人間性が優れているとか優れていないとか、根本的にそういうことがありえるのか疑問に思っています。

話がややこしくなるのかもしれませんが、乳児を見ていると、私は気持ちが元気になったり、前向きになったり、気持ちがほぐれたりするのです。乳児は、人格や人間性ということ、あるいは、人生経験などということとはほとんど関係ないように思います。また、臨床家としての技術を持ち合わせていて、それを活用しているわけではないと思います。乳児を見てこちらのこころが元気になるという現象と、臨床家が臨床の場で提供したサービスによって利用者のこころが元気になるという現象は、どのようにつながっているのか、それともつながっていないのかとか考えたりします。乳児を見てこころが元気になる現象の中から、私の臨床活動に生かせることはあるのかどうかとか、考えたりもします。私は乳児ではないので(当たり前か)、単純な問題ではないのですが…。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2005年6月 9日 (木)

システムで子どもを育てるわけではない

「システムでサッカーをやるわけではない。」(イラン戦の前の中田英寿のコメント)

「あの試合(イラン戦)に関してはシステムどうこうというよりも、1対1で負けていたということを、個々が見直す必要がある。システムよりも、そっちの方が大事だと思う。」(イラン戦の後の中田英寿のコメント)

 サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めました。ハラハラさせられる試合が続いたので、やっと、ほっとできました。6月16日のメキシコ戦から始まるコンフェデレーションズカップでも世界に通用するサッカーを見せて欲しいと期待しています。まだまだ、世界のレベルは遠いのかもしれませんが…。

 ところで、最近、学校現場では、スクールカウンセラーの配置が進み、また特別支援教育が導入され、子どもへの援助・支援に焦点が当てられています。また、チームで援助することや、学校内連携・学校外との連携も重要視されています。今まではどちらかといえば、学級王国の中で、担任の先生にまかされすぎてきた感が否めませんでした。それが少しずつ風通しが良くなってきたのかもしれません。

 しかし、私は連携に関して少し気になってきています。自分ではやろうとしないで人に任せてしまうことを連携と呼んでしまう傾向が生じているように感じます。中田英寿が言うように、システムが子どもの成長を支えるわけではないのです。その瞬間瞬間に関わっている生身の人間の言葉と行動が子どもの成長を支えるはずなのです。まず、1対1できちんと子どもに関わり続ける必要があると思います。その上で、連携やシステムだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »